漢字辞典の扉を開けると広がるブシュニアの国

ブシュニアの国には、漢字の妖精が住んでいます。

あめかちゃんは、「雨」の漢字から生まれた女の子。

「かんむりひめ」に変身すると、漢字の魔法が使えます。

あめかちゃんとお友達になって、楽しく漢字の魅力を学びましょう。

There are fairies of kanji living in Bushunia.

Ameka-chan is a girl fairy born from a kanji character of “AME,” rain in English.

She can use magic when she transforms into “Princess Kammuri”.

Let’s be friends with Ameka-chan, and enjoy learning kanji characters.

You will know how attractive they are.

あめかちゃんのまほう
あめかちゃんの漢字セミナーの様子

「あめかちゃん」は、漢字の部首を擬人化したキャラクターです。キャラクターとそのストーリー、ゲームを通し、能動的に学ぶ力を育むコンテンツとしてコトバノミカタが開発しました。

漢字の部首には「あめかんむり」「くさかんむり」など自然に関連するものが多くあります。  身の回りにある漢字を学ぶことで、水や植物の豊かな土地で古代文明が栄えた歴史学習や、SDGsが目指す自然と共に生きる世界観の醸成に寄与できると考えています。  

Kotobanomikata Co., Ltd. created educational contents with “Ameka-chan” in order to help learn spontaneously kanji characters

There are a lot of kanji radicals concerning nature. For example, “Amekammuri” is the meaning of rain, and “Kusakammuri” is the meaning of plants.

We can learn the histories how Ancient civilization was prospered at fertile lands with river and plants by learning kanji characters around us, and hope to contribute a fostering of world view living with nature which SDGs aim for.

株式会社コトバノミカタ


協力

武庫川女子大学日本語日本文学科設樂研究室

・令和2年度「社会連携プロジェクト」に「漢字キャラクターの子ども向け動画コンテンツ開発」採択

公益財団法人 ひょうご産業活性化センター

・令和2年度「異業種交流活性化支援事業」に「かんむりひめプロジェクト」として

 「漢字キャラクターの部首キャラクターのコンテンツビジネス開発」採択